ALZipのアルゴリズムのegg形式

  • 2010/12/21(火) 13:55:23

Q ではALZipのアルゴリズムのegg形式も単純に基本アルゴリズムの組合せで簡単に作られたのですか?

A いいえ、そうではありません。そんなに簡単であれば、誰でも圧縮アルゴリズムを開発できるはずです。
日本で公開されている圧縮ソフトの中で独自アルゴリズムを持っている製品はALZip入れても数少ないです。

上記のHuffmanやLZW等は理論的な概念にすぎません、実際それをどのように具現してどのようなアルゴリズムと関連させるかが鍵です。

実際圧縮するためには理論のままでは出来ません。
Entropy(エントロピー)コーディングは文字別の割り当てコードも一緒に保存する必要があります。又インデックスコーディングインデックス辞書が大きくなると
インデックス番号を保存するのが逆に元の文字よりも大きくなる可能性もあります。
データは圧縮されたとしてもその他の付加情報が入るようになり実際ファイルはあまり圧縮されないようになります。

このような状況ですので、Deflateで使用するHuffmanとBZIP2で使うHuffmanが異なり、
Deflateで使うLZ77とLZMAで使うLZ77も具現が異なります。

したがって圧縮アルゴリズムとは以上のような理論的な背景をもとに有数の開発者達が具現したDeflate、LZMAのようなものを意味します。

簡単に申し上げますと、Huffman, LZW, BWT等は理論的な背景であり、(人名やイニシャル等です。)
圧縮アルゴリズムにはDeflate,LZMA,BZIP2等のアルゴリズムがあると理解して下さい。








ALZip(アルジップ)は、初心者から専門家まで簡単に使用でき、素早い圧縮速度と便利な分割圧縮をサポートしている統合圧縮管理プログラムとしてPCユーザーの必需品ですhttp://www.altools.jp/product/alzip/intro.aspx

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/02/25(金) 21:54:47

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/04/05(火) 17:29:06

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/05/02(月) 11:20:26

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2012/01/13(金) 05:15:45

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2011/02/27(日) 01:35:51
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する